住宅ローンの「借り換え」をする前に知るべきこと!返済が困難な人へ

借り換えをすれば、住宅ローンの返済額を減らすことができます!

住宅ローンの返済額を減らしたいなら住宅ローンの借り換えがオススメです!

2008年秋のリーマンショック以降、長引く不景気の影響で、ボーナスや給料が減っている人が増えています。

その結果、住宅を購入した当時に組んだ予定通り、住宅ローンの返済ができない人も増加しています。

そんな状況を見て、政府は中小企業金融円滑化法(返済猶予法案)という新たな法案を施行しました。

この新たな法案は、名前だけ見ると住宅ローンとは関係ないように見えますが、中小企業金融円滑化法(返済猶予法案)とは不景気のよる給料やボーナスのカットで所得が減り、住宅ローンを返済できなくなった個人を救済するための法案です。

この法案が施行されて以来、銀行の住宅ローンに対する姿勢も変わり、空前の低金利時代になっています。

銀行が変わったのですから、お金を借りるあなたの姿勢も今の時代にフィットする考え方に変えないと損する時代にもなりました。

中小企業金融円滑化法→銀行の住宅ローンに対する姿勢が変わった。→あなたの姿勢も変わらないと損する時代に!

そして、ここからが重要なのがですが、住宅ローンを借り換えした方が得する人がたくさんいるのも事実なのです。

住宅ローンの借り換えとは、もっと金利が安い他社の住宅ローンに乗り換えることです。

中には、住宅ローンを借り換えるだけで、残高を300万円ほど減らすことができる人もいます。

さらに、なんらかの原因で返済が困難な人は、毎月の支払額を減らすこともできます。

とにかく、住宅ローンに関するルールが変わったのですから、今の時代に合った、そしてあなたに合った住宅ローンをもう一度選び直す時が来ています!